PR

 ビジネスの変革を支える情報システムは自らしか作れないとして、インソーシング(システムの自社開発)に踏み切る企業が急増している。今やビジネス環境は、乱高下する株式や外国為替のごとく、激しく好転と暗転を繰り返す。そうした変化に即応し、システムは素早く、柔軟に作らなければならない。そのためにIT担当者は、“ビジネスを創る、変える”観点からシステムを企画し、プログラミングも自らが担う。ITが競争力に直結する時代を迎えた今、“インソーシング革命”の現場を追う。