PR

 2年間にわたって一人の先輩社員がトレーナーとして一人の新人の面倒を見る――。NTTデータでは入社後、2年目までの社員を「育成社員」と位置付け、文字どおり会社として育成する仕組みを構築している。トレーナー制度はその一翼を担う。トレーナーの指導のもと、新人は仕事の進め方や問題を解決したり課題を達成するアプローチを身につけていく。