PR

 大企業ではボリュームライセンスでハードウェアとは別にOSやOfficeアプリケーションを購入することが多く、購入したPCに最初から入っているソフトウエアが問題になるケースはそれほどない。だが、いわゆるSMBなどと呼ばれる中小規模の現場では、まだまだ量販店などで個々のユーザーが好みのコンシューマー向けのPCを購入し、それを業務に使うパターンがとても多い。Officeなどもプリインストールのものが使われ、スタッフそれぞれがまったく異なるバージョンのOfficeを使っていたりもする。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い