PR

renice

実行中のコマンドの優先順位を変更する(1)

構文

renice [-n, --priority] PRIORITY [[-p, --pid] PID...] [[-g, --pgrp] PGRP...] [[-u, --user] USER...]

オプション

-n priority, --priority PRIORITY ナイス値をPRIORITYに指定する
-p PID, --pid PID プロセスID(PID)を指定する
-g PGRP, --pgrp PGRP プロセスグループID(PGRP)を指定する
-u USER, --user USER ユーザー名USERを指定する

説明

実行中のコマンドに対して優先順位(ナイス値)を指定して変更する。ナイス値は-20~19であり、-20がもっとも高い優先度となる。ナイス値を下げる(優先度を高くする)ことができるのはrootユーザーのみ。

使用例

プロセスIDが7716であるプロセスのナイス値を19に変更する。

$ renice 19 -p 7716
7716: old priority 0, new priority 19

ユーザーsmile(UIDは520)のすべてのプロセスのナイス値を15に変更する。

# renice -n 15 -u smile
520: old priority 0, new priority 15

関連事項

nicepstop優先順位を上げてプログラムを実行する