PR

killall

プロセスを終了する(1)

構文

killall [-i,--interactive] [-s,--signal SIGNAL] [-u,--user USER] [-I,--ignore-case] PROCESS...

killall -l

オプション

-i,--interactive プロセスを終了する前に確認する
-s,--signal SIGNAL シグナルをSIGNALに指定する
-u,--user USER ユーザーをUSERに指定する
-I,--ignore-case プロセス名の大文字と小文字を区別しない
-l 利用可能なシグナルを表示する
PROCESS プロセス名を指定する

説明

シグナルを送ってプロセスを終了させる。killコマンドとの違いは、プロセスIDではなくプロセス名で指定する点である。シグナルを指定しなければTERMシグナル(SIGTERM)が使われる。シグナルの指定には、シグナル名もしくはシグナルIDのどちらを指定してもよい。

代表的なシグナル

SIGHUP(1) 制御端末との接続が切断された、または制御プロセスが終了したことによるプロセスの終了(Hangup)

SIGINT(2) キーボードからの割り込み(Ctrl+C)によるプロセスの終了(Interrrupt)

SIGQUIT(3) キーボードからのプロセス中止によるプロセスの終了(Quit)

SIGKILL(9) KILLシグナルによるプロセスの強制終了

SIGSEGV(11) 不正なメモリー参照によるプロセスの終了(Segmentation Fault)

SIGTERM(15) TERM(終了)シグナルによるプロセスの終了(Termination)

SIGCONT(18) 一時停止中のプロセスの再開(Continue)

SIGSTOP(19) 一時停止によるプロセスの停止(Stop)

使用例

vimプロセスをすべて終了させる。

$ killall vim

syslogdを再起動させる(設定変更の反映)。

# killall -s HUP syslogd

関連事項

&killfgbgjobsstoppsプログラムを終了するプログラムを再起動するプログラムを強制終了するプログラムを一時停止する