PR

 相手に伝わる説明に最も欠かせないことは、「説明している内容、対象を相手が理解できる」ことです。説明者と説明相手の知識や経験のレベルが同じ場合、大きな問題はありません。しかし、説明者と説明相手に知識、経験の差がある場合には、大きな問題になります。例えば、システム開発における利用者と開発者の場合を考えてみましょう。開発側は相当量の専門知識を持っていますが、利用部門はシステム開発やITの知識が乏しいことが普通です。これを「知識差」と呼びます。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料