PR

 前回述べたように、スケジュールや工数にバッファーを設けたとしても、

  • バッファーは必ず消費される
  • 欲しいときにはバッファーはもう残っていない
  • 遅れはそのままリードタイムを伸ばす

という三つの事実により、安易なやり方でバッファーを取り扱うと、プロジェクトにマイナスの影響を与えてしまうことになります。さらに、

  • 計画の更新には時間がかかる
  • 計画を更新している間にまたズレが生じる

ことから、プロジェクトの現実を掴むことは非常に難しく、適切なプロジェクトコントロールをできていないのが多くの企業の現状です。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料