PR

 企業のデジタルマーケティング戦略で「動画の活用」といえば、これまではB2C、つまり一般消費者にアプローチするものと考えられることが多かった。目を引く、しかもインパクトのある動画を用い、ソーシャルメディアとうまく連携させて話題を集め、製品やサービスの認知向上につなげるという手法で使われてきたことは、今さら説明するまでもないだろう。