PR

 運用部門に求められる改善活動とは、単に運用フェーズでのオペレーションを改善してコスト削減に取り組むことではない。運用局面に限らず、ITサービスの企画からシステム開発、ITサービス提供までをスコープした「IT運営」のレベルで、開発と一体となってビジネスに貢献する改善を実践していくことだ。

廣瀬 慎也(ひろせ しんや)
富士通 サービスマネジメント本部 産業・流通サービス統括部
富士通 サービスマネジメント本部 産業・流通サービス統括部に所属。入社後、数年間の組み込みソフト開発業務を経てシステム運用に従事。SLA(サービスレベル合意)、CSI(継続的サービス改善)の切り口から開発と運用の融合を目指している。