PR

 2013年はWindowsにとって、波乱の1年であった。2012年に新OS「Windows 8」が登場したものの、Windows 7が登場したときとは違って、市場の反応は鈍く、新OS搭載のパソコンの販売は振るわなかった。その対策としてマイクロソフトは新OS「Windows 8.1」を投入。さらに「Surface Pro」などの独自タブレットを日本でも発売した。

 読者の注目はWindows 8よりもWindows 8を搭載するタブレットに集まった。2位「日本発売も決定した『Surface Pro』をレビューする」、3位「Microsoft初のタブレット『Surface RT』をレビューする」、5位「バッテリー駆動時間が約2倍に向上した『Surface Pro 2』をレビューする」など、マイクロソフトのタブレット「Surface」シリーズの記事がベスト5の3つを占めた。Windows 8の関連記事もベスト10内に登場しているが、6位「Windows 8をWindows7風にする」、7位「Windows 8.1は“ダメ”なOSなのか?」とWindows 8をストレートに取り上げた記事はなかった。

XPサポート終了に向けた対策記事も好評

 2014年4月9日にマイクロソフトによるWindows XPへのサポートが終了する。この問題を取り上げた記事もランキング上位に入った。4位「Windows XPからの移行は本当に可能なのか」と8位「サポート終了に間に合わない」である。どちらもサポート終了によって起きる問題点をまとめたものだ。さらに、サポート終了に向けたノウハウ記事もランキングに入っている。Windows 7の互換機能を解説した、9位「Windows 7の互換機能を使いこなす(互換モード編)」、32ビット版Windows XPから64ビット版Windows 8 Proへのアップグレード方法を解説した、18位「Windows XPからアップグレードする(カスタム編)」の2本の記事だ。

 しかし、新タブレット「Surface」もXPサポート終了も抑えて年間トップを獲得したのは人気連載「ITアーキテクトの『やってはいけない』」のWindows 7編の一つ「ネットワーク設定を標準で使ってはいけない」だ。Windows 8が登場して、さらにWindows 8.1が発売されても、Windows 7のネットワーク設定のノウハウ記事がランキング1位になるところが、現状のWindowsの使用状況を表しているのかもしれない。

2013年Windows関連記事ランキング
(2013年1月1日~12月6日)
1位【ITアーキテクトの「やってはいけない」】[Windows 7編]ネットワーク設定を標準で使ってはいけない
2位【週末スペシャル】日本発売も決定した「Surface Pro」をレビューする
3位【週末スペシャル】Microsoft初のタブレット「Surface RT」をレビューする
4位【ジャーナリスト山口健太の「ニュース・ゼロデイ」】Windows XPからの移行は本当に可能なのか
5位【週末スペシャル】バッテリー駆動時間が約2倍に向上した「Surface Pro 2」をレビューする
6位【Windows 8道場】Windows 8をWindows7風にする
7位【記者の眼】Windows 8.1は“ダメ”なOSなのか?
8位【残り1000万台の「最終解」!脱Windows XP】「サポート終了に間に合わない」
9位【Windows 7実践ナビ】Windows 7の互換機能を使いこなす(互換モード編)
10位【記者の眼】PCでも危惧されるガラパゴス化
11位【週末スペシャル】実働で10時間以上使える東芝の「dynabook V632」をレビューする
12位【ニュース】マイクロソフトがOffice 2013を発表、2月7日より発売
13位【週末スペシャル】レノボのWindows 8タブレット「ThinkPad Tablet 2」をレビューする
14位【週末スペシャル】バッテリ交換できるタブレット「Dell Latitude 10」をレビューする
15位【週末スペシャル】世界最薄のUltrabook「Acer Aspire S7」をレビューする
16位【夏休みスペシャル2013】iPad miniの対抗になるか、小型Windowsタブレット
17位【週末スペシャル】キーボード付きWindows 8タブレット「HP ENVY x2」をレビューする
18位【Windows 8道場】Windows XPからアップグレードする(カスタム編)
19位【週末スペシャル】13.3インチ両面ディスプレイUltrabook「ASUS TAICHI 31」をレビューする
20位【Windows 8道場】スタートボタンが復活したWindows 8.1にアップデートする