PR

 昨年のスマートフォンやアプリを取り巻く状況の変化は非常に激しかったが、2014年は果たしてどうなるだろうか。昨年起こった出来事や、今年起こり得る出来事などから、今年のアプリマーケットで注目すべきことを考えてみよう。

iPhoneのシェア拡大が進み、iOSアプリが有利か

 LTEサービスの競争激化に加え、iPhoneの販売を始めたNTTドコモが端末戦略を大きく変更するなど、2013年のスマートフォン市場では非常に大きな変化が起こった。アプリのマーケットも同様に、ゲームアプリの世代交代や海外ベンダーの日本進出など、さまざまな変化があった一年だった。

 そうした昨年の動向を受け、2014年はアプリマーケットにどのような変化が訪れるのだろうか。

写真1●昨年NTTドコモがiPhoneの販売を開始したことで、国内では当面iOSが有利になると考えられる
写真1●昨年NTTドコモがiPhoneの販売を開始したことで、国内では当面iOSが有利になると考えられる
[画像のクリックで拡大表示]

 大きな変化の1つと考えられるのは、iPhoneのシェアが高まること。NTTドコモがiPhoneの取り扱いを開始し、その販売台数は好調に推移している(写真1)。このことは、従来Androidスマートフォンを購入していたユーザーがiPhoneに移り、Androidの伸びが停滞する一方で、iPhoneのシェアが高まることを意味する。

 しかも今年は、例年通りであればボディデザインが大幅に変更されたiPhoneの新機種が投入される可能性が高く、一層iPhoneに注目が集まる材料が揃っている。一方Android陣営は、現時点で日本でのシェアを巻き返す明確な材料を持っているわけではない。

 こうしたことから国内では、何らかの劇的な変化が起きない限り、今年も当面はiOSアプリが優位な状況が続くと考えられる。