PR
安藤国威ソニー生命保険名誉会長
東京大学経済学部卒業後、1969年ソニー入社。 1990年、ソニー・エンジニアリング・アンド・マニュファクチャリング・オブ・アメリカ(SEMA)社長に就任。1996年、インフォメーションテクノロジー(IT)カンパニ-プレジデント就任。2000年6月 、ソニー取締役代表執行役社長に就任。2007年よりソニー生命保険取締役会長。 2011年より現職。写真:村田和聡
[画像のクリックで拡大表示]

 94年にカンパニー制がスタートし、米国から帰任して僕はコンシューマーAVカンパニーの総合企画部門長を務めていたんですが、1年たったら、今度は出井(元ソニー社長)さんが社長になられた。

 出井さんは、もともと社長になる前から大賀(元ソニー社長)さんに「これからソニーはやっぱりITと通信をベースに成長すべきだ」ということをずーっと言ってたんです。インテル創業者のアンディ・グローブ氏などの知己も得ていた。

死屍累々のITビジネス、薄氷の門出

 でもそれまでソニーでは「NEWS」というワークステーションをはじめ、ワープロなどのOA機器をたくさん手がけていたんですよ。でも、ビジネスとして成功しなかったわけ。

 出井さんが社長になって1年経ったころにカンパニーの組み替えが起こって、僕がそのITカンパニーのプレジデントになっちゃった。ソニーでは誰がやっても成功しないITを、何で僕がやるんだと思いましたね。

 出井さんは「今度は本格的にやる。プレジデントはお前がやれ」と。そのときに大賀さんは「まあ、安藤も正念場かな」と言ったそうですよ。

 大賀さんは大経営者だったんですけれども、自分なりのフィロソフィーがあって、ソニーで儲かるのはAVと、厚木でやっていた放送事業者向けの事業だけで、それ以外で利益を出すのは難しいということをずっと言っていました。