PR

 ITエンジニア調査では、経済産業省が作成した「ITスキル標準(ITSS)」に基づいて、IT人材の職種やスキルレベルを分類した。職種は、ITSSにある11職種に「品質保証」「クラウド」を独自に加えた。スキルレベルは「未経験レベル」とレベル1から7で、レベル7に近づくほどスキルが高いとみなせる。未経験レベルは「レベル1に達していない」位置づけである。

年収が最も高かったのはコンサルタント

 はITエンジニア約3000人の回答結果を基に算出した職種別、スキルレベル別の平均年収および平均年齢である。回答数が全体の0.3%未満(9人未満)は参考値扱いとした。回答のなかった職種とスキルレベルは「-」で示した。

表●職種別、スキルレベル別の平均年収と平均年齢
表●職種別、スキルレベル別の平均年収と平均年齢
[画像のクリックで拡大表示]

 回答者の平均年齢は36.9歳で、36~40歳(21.9%)、31~35歳(19.3%)、26~30歳(16.6%)、41~45歳(15.6%)が多かった。

 平均年収が最も高かった職種はコンサルタントで731万円(平均年齢44.0歳)。これにプロジェクトマネジメント(641万円、同40.5歳)、ITアーキテクト(640万円、同39.8歳)が続く(母数が少ないマーケティングとエデュケーションを除く)。平均年収が600万円を超えたのは、この3職種と品質保証の計4職種。平均年収が最も低かった職種はアプリケーションスペシャリストで、436万円(同34.4歳)だった。全体平均年収は502万円である。