PR

 日本の通信会社から、世界のIT企業へ─。内需に依存するドメスティック企業の代表格だったNTTが変貌を遂げつつある。目指すのは、過去に1兆円以上の損失を被った北米市場だ。世界で最も競争の激しい市場で、いま大型商談を連続受注。直近3年間で海外企業の買収に約7000億円、この1カ月だけでも1350億円以上もの資金を投じた成果が表れつつある。一方、こうした急拡大の裏側で、新たな課題に直面している。目覚めた巨人に世界で勝ち目はあるのか、緊急検証する。


 「技術力の高さと、これまでの公共システムのトラックレコード(実績)から、NTTグループが最適なパートナーだと確信した」。米テキサス州の鉄道・航空・道路を管理するテキサス州交通局のスコット・レナード最高戦略・総務責任者(CSAO)は断言する。

 NTTグループはテキサス州交通局から大型のITアウトソーシング契約を受注した。2013年6月に締結した契約額は、5年間で190億円ほどに上る(図1)。年間総予算1兆円という全米最大規模の公共交通局によるITアウトソーシングとして、米メディアを賑わすなど現地ではちょっとしたニュースになった。

図1●米テキサス州交通局がNTTグループに発注したITアウトソーシング契約
図1●米テキサス州交通局がNTTグループに発注したITアウトソーシング契約
アプリ保守からセキュリティまで「オールNTT」、総計190億円規模の案件だ
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTグループはテキサス州交通局が持つ大半の情報システムの運用、保守を受託する。約450あるアプリケーションの保守は、NTTデータの米子会社である米NTTデータ(NTT DATA, Inc.)が担当。ネットワーク構築・管理はNTT持ち株会社が2010年に買収した南アフリカのディメンションデータが、セキュリティ運用は同じくNTT持ち株会社が2013年に買収した米ソリューショナリーが担当する。

 受託に伴い、テキサス州交通局のIT部員310人のうち270人を米NTTデータが引き受ける。テキサス州交通局は一連のITアウトソーシングにより、年間約30億円のコスト削減を見込む。