PR

 会計など従来の基幹系システムと異なり、本業のビジネスや新規ビジネスを直接支えるシステムは、インソーシング(内製)により素早く作るのが基本である。事業環境の変化に即応する必要があるからだ。技術者にもこれまでの開発・運用とは異なる発想やスキルが求められる。システムを作るのではなく、ビジネスを創る。そんな役割を担う技術者の条件を探った。

目次