PR

 近年、データセンター(DC)関連サービスの選択肢は増えており、ユーザー企業にとっては、BCPやセキュリティ対策を検討しやすくなっている(図2)。

図2●DC事業者が提供する主なサービス
図2●DC事業者が提供する主なサービス
DC内の場所だけを貸し出す「コロケーション」から、サーバーや仮想化ソフトウエアの運用まで担当する「IaaS」や「SaaS」まで、作業の範囲に応じて様々なサービスが存在する
[画像のクリックで拡大表示]

 特に影響が大きいのが、クラウドの台頭だ。これまでは、ユーザー企業がサーバーをDCに預けて運用などを依頼する際には、詳細な「手順書」を記述して引き継ぎをするなど、煩雑な手間がかかった。クラウドはユーザー企業が「セルフサービス」で利用できるため、DC事業者などに作業を引き継ぐ必要が無い。

 クラウドの場合、ユーザー企業はDCの設備だけでなく、ハードやソフトを保有しなくても使える。これによってユーザー企業は、「固定資産を抱え込む」という経営上のリスクも軽減できる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料