PR
 前回(第15回)では、プライベートDMPを活用したOnetoOneマーケティングの実現についてご紹介した。今回は、プライベートDMPを契機に、マーケティング活動全体がデータドリブンになる未来像についてご紹介する。