PR

ifup

ネットワーク・インターフェースを有効にする(8)

構文

ifup [オプション] [-a | IFACE]

オプション

-a, --all 設定ファイルで「auto」フラグが設定されたインターフェースをすべて有効にする
-i, --interfaces FILE /etc/network/interfacesではなくファイルFILEに定義されたインターフェースの設定を利用する
-e, --exclude PATTERN PATTERNにマッチするインターフェースを除外する
-n, --no-act 実際には何もしない(表示のみ)
-v, --verbose 何が行われているか詳細に出力する
-o OPTION=VALUE ネットワーク設定のオプションOPTIONの値をVALUEに設定する
--no-mappings /etc/network/interfacesで指定されたマッピングを行わない
--force 設定の適用を強制する
IFACE ネットワーク・インターフェース名

説明

指定したネットワーク・インターフェースを有効にする。ネットワーク・インターフェースには「eth0」「eth1」などを指定する。Red Hat系ディストリビューションとDebian系ディストリビューションでは使い方が異なる(オプションはDebian系)。

使用例

ネットワーク・インターフェースeth0を有効にする。

# ifup eth0

関連事項

ifconfigifdown