PR

性能・機能
iPhone 5に性能進化感じる意見

 今回の調査では製品全体の評価である「総合満足度」のほか、細分化した項目についての満足度も聞いている。「性能・機能」の項目では液晶ディスプレイの表示品質、バッテリー駆動時間などスマートフォンのハードウエア面での評価を集計した。

 結果を見ると人気機種「iPhone 5」、日本向けの機能を搭載した「HTC J」、現行機種ではないものの現在でもユーザーが多い「iPhone 4/4S」などが高評価となった(図1)。

 2012年9月に発売されたiPhone 5は、LTEの通信機能を搭載し、液晶サイズは従来の3.5型から4型に変わった。「iPhone 4から5に買い替え、通信速度に一番の変化を感じた。画面が大型化したが、本体は軽くなり満足」(20代女性)と従来のiPhoneからの進化を実感したというユーザーが多い。パソコンなどの機器から無線LANでiPhoneに接続し、ネット利用を可能とするテザリング機能への対応を評価する声もある。

●[スマートフォン]性能・機能の満足度
●[スマートフォン]性能・機能の満足度
タブレットの「性能・機能」について満足度を聞いた。iPhoneシリーズのほか、HTC Jの評価も高い。国内メーカー製品への評価は厳しく、REGZA PhoneやMEDIASのポイントはマイナスとなった
[画像のクリックで拡大表示]