PR

 短期集中連載の「今年のデジタル市場を占う!CES2014で見た先端トレンド」が終わりました。記事はすべてすべて読み応えがあったのですが、個人的に気になったのは、「第2回 スマートウォッチ、リストバンドなど新デバイスが急増」です。

 携帯電話を持つようになってから、腕時計をしなくなりました。懐中時計ではありませんが、携帯で時刻を確認できるからです。

 ですが最近、少し気持ちが揺らいでいます。どれだけ便利なのか、スマートウオッチを自分でも身に付けたくなってきたからです。

 年末年始の休暇に米国を旅行しました。話題のPebble Smartwatchを買ってみようかと家電量販店のBest Buyを訪れたのですが品切れです。店頭に置いてあったのはナビゲーションメーカーとして知られるTomTomをはじめとした、さまざまな企業の製品でした。

 日本で感じる以上の盛り上がりを見たので、物欲がそそられているのかもしれません。「第2回 スマートウォッチ、リストバンドなど新デバイスが急増」には、Best Buyに新しいスマートウオッチがいくつも登場しています。またスマートウオッチが欲しくなりました。