PR

repquota

ファイルシステムのクォータ利用状況まとめを表示する(8)

構文

repquota [オプション] [MOUNTPOINT]

オプション

-a, --all クォータが設定されているすべてのファイルシステムのクォータ情報を表示する
-v, --verbose 使用量0のものも含め詳細な情報を表示する
-u, --user ユーザークォータの情報を表示する(デフォルト)
-g, --group グループクォータの情報を表示する
-s, --human-readable 読みやすい単位で表示する
-t, --truncate-names 長い名前を8文字以内に縮めて表示する
-p, --raw-grace 猶予期間をUNIX時間で表示する
-n, --no-names UID/GIDをそれぞれユーザー名/グループ名に変換しないで表示する
-i, --no-autofs automountによるマウントポイントを除外する
-c, --batch-translation UID/GIDエントリをキャッシュし、大きくまとめて名前に変換する(デフォルト)
-C, --no-batch-translation UID/GIDをエントリごとに名前変換する
-F, --format=FORMAT クォータのフォーマットを自動判定せず、指定したフォーマットFORMAT(vfsold/vfsv0/xfs)で表示する
MOUNTPOINT マウントポイントのディレクトリを指定する

説明

指定したファイルシステムのディスク利用状況とクォータの利用状況を表示する。各ユーザー(グループクォータの場合は各グループ)が使っているファイル数と容量が表示される。

使用例

すべてのファイルシステムのクォータ利用状況を表示する。

# repquota -a

関連事項

quota、quotaon、quotaoff、quotacheck、edquota