PR

whereis

コマンドの場所とマニュアルページの場所を表示する。(1)

構文

whereis [オプション] FILE...

オプション

-bバイナリのみ検索する
-mマニュアルページのみ検索する
-sソースのみ検索する
-u指定されたタイプ(ソース、バイナリ、マニュアル)のエントリがないものを検索する
-B DIRECTORYバイナリを検索するディレクトリをDIRECROTYに変更する
-M DIRECTORYマニュアルページを検索するディレクトリをDIRECROTYに変更する
-S DIRECTORYソースを検索するディレクトリをDIRECROTYに変更する
-f直前のディレクトリ指定が終わったとみなし、最後の引数の始まりであることを示す
FILEコマンドやファイルを指定する(パスや拡張子は取り除かれる)

説明

指定したコマンドのソース、バイナリファイルおよびマニュアルページの場所を表示する。デフォルトでは、ソース、バイナリおよびマニュアルページのすべてを検索し、見つかったもののパスを表示する。

使用例

digコマンドのソース、バイナリ、マニュアルページを検索する。

$ whereis dig

関連事項

which、type