PR

 災害の緊急速報を受信し、まずは自分の身の安全を確保できたとしよう。次に気がかりなのは、家族や知人の安否だ。

 通信手段さえ有効なら、すぐにでも連絡を取りたい。電話で直接連絡を取り、声を聞ければ一安心。しかし、大規模な災害では電話が通じにくくなりがちだ(図1)。

●災害時は電話よりメールやSNSが連絡を取りやすい
●災害時は電話よりメールやSNSが連絡を取りやすい
図1 災害が発生すると、電話やネットがつながりにくいケースがある。状況に応じて連絡方法を選択する必要がある。それぞれの方法で連絡を取るために必要な情報を家族で共有しておこう
[画像のクリックで拡大表示]

 電話が通じないならメールを送信。相手が使っているならTwitterやFacebook、LINEなどのSNSでも連絡してみよう。東日本大震災直後は、電話よりはメールやSNS、無料通話アプリなどのIP電話の方が連絡を取りやすかった。今から災害に備えるなら、各自がメールやSNSなどでも連絡できるようにしておきたい。

 家族のメールアドレスはもちろんだが、SNSのアカウントなどが最新であることを確認する。災害直後は安否確認が急増するため、メールでは配送遅延の発生が予想される。家族全員で同じSNSを利用できると心強い。