PR

 Windows 8.1を起動するとまず表示されるスタート画面。このスタート画面は、Windowsストアアプリを起動するためのランチャー機能と、ライブタイル機能を兼ねている。

 デスクトップ画面はもちろんあるが、このスタート画面においては1つのタイルとして表示されている。そのタイルを押せばデスクトップ画面に移動し、デスクトップ画面でスタートボタンを押せばスタート画面に戻ってくる(図1)。

●ワンタッチでスタート画面とデスクトップ画面を切り替え
図1●スタート画面で「デスクトップ」のタイルを選ぶと、デスクトップ画面が開く。Windows 8.1はデスクトップ画面に「スタートボタン」があり、これをクリックするとスタート画面に戻る
[画像のクリックで拡大表示]