PR

 チョコレートではありません。首都圏が一面の雪に覆われた今日、楽天は無料通話、メッセージサービスの「Viber」を展開するキプロスのViber Media買収を発表しました(関連記事:楽天がViberを9億ドルで買収、楽天経済圏を5億人に、固定電話への通話無料キャンペーンも)。

 全世界の登録ユーザーが約2億8000万人に達するViberは、SkypeやLINE、あるいはWhatsApp Messengerと並ぶ、この分野の有力プレーヤーとして知られます。約9億ドルという買収金額は、話題になったVikiやKoboのそれを大きく上回ります(関連記事:楽天、ビデオストリーミングの米ヴィキを推定2億ドルで買収楽天、電子書籍事業のKoboを約236億円で買収へ)。グローバルで勝負しようという楽天の本気が伝わってくると言えばいいでしょうか。

 2月14日のバレンタインデーに、本命に向けて贈るチョコレートには恋をかなえる効果があるでしょう。Viberは、楽天を飛躍させる買い物になるのでしょうか。同社の通信ビジネスにどういった影響があるのか、といった辺りからウオッチしていきます。