PR

 Fedoraプロジェクトは2013年12月17日、Linuxディストリビューションの新版「Fedora 20」を公開した。新版では、デスクトップ環境の操作性の変化や、サービス管理機能「systemd」の役割が増した点が注目される。対象プロセッサとしてARMがIntelプロセッサに並ぶ主要な位置づけとなった。

 Fedora 20は、2003年11月に公開された最初のリリース「Fedora Core 1」から10周年に当たるバージョンだ。コードネームは「Heisenbug」。意味は、原因を調べようとすると再現しなくなるバグだ。Fedora 19の「Schrodinger's Cat」と、量子力学つながりのコードネームとなっている。

 Fedora 20では、デスクトップ環境の変化がまず目に付くだろう。一方、内部的にも大きなターニングポイントを迎えている。仮想化、クラウドといったサーバー向けの強化も著しい()。以下では、注目すべき強化点を紹介していく。

表●Fedora 20の主な強化点
表●Fedora 20の主な強化点
[画像のクリックで拡大表示]

ウィンドウのスタイルが変わる

 まず、ユーザーに見えやすい強化点から見ていこう。