PR

「Hello」と「Heartbeat」は何が違うの?

(イラスト・アニメーション:岸本 ムサシ)

  今回の回答者:
KDDI
技術統括本部 運用本部
テクニカルサービスセンター
イーサネット保全グループ
課長
青木 達也

 別の拠点と「広域イーサネット」で接続していると、影響が出ます。ループ接続とは、LANスイッチ同士をケーブルでループ状につなぐこと。これを行うと、イーサネットフレームがスイッチ間で回り続けて増えていき、LAN内でほとんど通信できない「ブロードキャストストーム」が起こります。その影響は、イーサネットフレームが到達する範囲である「ブロードキャストドメイン」全体に及びます。

 広域イーサネットは、企業の拠点間をイーサネットで接続するための閉域網サービスです。拠点ごとに置かれたLANスイッチの間でイーサネットフレームをやり取りできるようになるので、同一ユーザー企業の全拠点が1つのブロードキャストドメインとなります。そのため、1拠点でループ接続を起こすと、ブロードキャストされるイーサネットフレームは、同一ユーザー企業の他の拠点に押し寄せてしまうのです。これにより、2つの問題が起こり得ます。1つは、ブロードキャストされるイーサネットフレームが帯域を埋め尽くし、通信不能になる可能性があることです。もう1つは、ループ接続した拠点以外でも、MAC(マック)アドレスの誤学習により、イーサネットフレームが正しく宛先に届かなくなる可能性があることです。

 こうした問題を最小限に抑える方法は、ブロードキャストドメインを小さくすることです。例えば、各拠点から広域イーサネット網への出入口にルーターを設置する方法があります。ルーターはブロードキャストドメインの区切りになるので、被害を拠点内に限定できます。VLAN(ブイラン)を設定して、論理的に別のネットワークに分ける方法も有効です。また、スイッチ同士が連携してループ接続を自動的に解消するSTPというプロトコルを使う方法もあります。ただし弊社の広域イーサネットサービスの場合、網内にあるスイッチでSTPを透過しない可能性があり、この方法は使えません。