PR

4月9日にWindows XPのほか、Office 2003、Internet Explorer 6 のサポートが全世界で終了する。多くの人がWindows XPを使い続けている中国でのサポートはどうなるのか。

マイクロソフトは中国市場にどう対応する?

 Windows XPは間もなくサポートが終了する。今後はアップデートされないため、セキュリティーの点からも危険な状態になる。Windows XPユーザーは、Windows 8.1などの最新のOSか、それを搭載するパソコンを購入されたし。

中国ではWindows XP SP3 2014などという謎のバージョンが勝手に発売されている
中国ではWindows XP SP3 2014などという謎のバージョンが勝手に発売されている
[画像のクリックで拡大表示]
謎のOSが売られているのは、今も残る街角の海賊版ショップ
謎のOSが売られているのは、今も残る街角の海賊版ショップ
[画像のクリックで拡大表示]

 中国は、Windows XPが多数派となっているレアな国の1つである。中国のソフト事情を考えるに、海賊版をいの一番にイメージする読者もいるだろう。実際、コンテンツに代価を払うという考え方は今も定着していない。Windows VistaからWindows 8に至るまで海賊版は登場してきたが、にもかかわらず中国人はWindows XPから離れることなく使い続けてきた。新しいOSが出ても無理に飛びつくことなく、自分にとって本当にいいOSを使い続けるという理にかなった行動だ。中国語で「微軟」ことマイクロソフトの中国法人の発表によれば、7割が公式のルートを通してアップデートしていないという。

Statcounterによるグラフ。中国や日本を含め、OSの普及状況がよく分かる
Statcounterによるグラフ。中国や日本を含め、OSの普及状況がよく分かる
[画像のクリックで拡大表示]
Statcounterでは一国の時系列のシェアも確認できる。アップデートはWindows8よりも7が人気
Statcounterでは一国の時系列のシェアも確認できる。アップデートはWindows8よりも7が人気
[画像のクリックで拡大表示]