PR

 前回前々回ではネットワーク経由でXMLデータを取得する例について紹介しました。一方、昨今はAjaxなどの技術が当たり前のものになり、JSON(JavaScript Object Notation)形式でデータを提供するサービスも増えました。JSONは、JavaScriptにおけるオブジェクトリテラルに沿ったデータ形式です。その性質上、JavaScriptとの親和性に優れていて、Ajax通信での標準的なフォーマットになっています。

 ここでは、JSONデータをVBAで受け渡しする例として、「はてなブックマークエントリー情報取得API」(以下、はてぶAPIと呼びます)を利用します(図1)。指定したURLに付いたブックマーク数を取得してExcelに取り込むマクロを作成しましょう(図2)。会社や自分が公開するWebサイト記事への反応を監視したい場合などに、利用してみてはどうでしょう。

図1●はてなブックマークエントリー情報取得APIの解説ページ
図1●はてなブックマークエントリー情報取得APIの解説ページ
[画像のクリックで拡大表示]
図2●記事に付いたブックマーク数を取得
図2●記事に付いたブックマーク数を取得
[画像のクリックで拡大表示]