PR

 新年度2日目ですが、目にとまったのは4月9日でサポート終了を迎えるWindows XPの記事でした。「XPとOffice 2003のサポート終了間近、IPAが『最終乗り換え案内』」のタイトルにもあるように、いよいよ最終の乗り換え案内の時期に入ったからでしょうか。

 今日は上記の記事に加え、「サポート終了目前のWindows XP、世界シェアはいまだに3割弱」、さらには「りそなHD、約3万台のPCをWindows XPからWindows 8へ移行」を公開しています。

 改めて、Windows XPの存在感の強さを感じました。インターネットブームの立役者として、最も重要なWindowsは95だと思っていたのですが、本当の答えはXPなのかもしれません。