PR

 NECの2014年3月期の決算発表の会場に行ってきました(関連記事:NECの2014年3月期連結決算、事業売却で減収も最終利益は10.9%増の337億円)。気になったのが今期、つまり2015年3月期の業績予想です。

 営業利益は今期の1062億円から1200億円に増えるものの、前期3兆431億円だった連結売上高はちょうど3兆円にまで下がるのです。少しでも下振れすれば2兆円台に落ちます。

 ピークだった2000年度の5兆4000億円という連結売上高と比較すると5割強の数字にすぎません。官公庁と通信業界に対する依存度の高さ、WindowsXPのサポート終了特需が終わった後の「システムプラットフォーム」事業の先行きにも不透明感が残ります。前期の期初予想も売上高が3兆円が、実際には3兆431億円でしたから、杞憂に終わるかもしれませんが、それにしても気になります。

 決算説明会の会場で、遠藤信博社長に3兆円に対するこだわりを聞くつもりで、「達成できなかったら、経営として何らかの責任を取る考えはありますか」と尋ねたところ、「3兆円を割ったらますます辞められないだろう」と一喝されました。再成長への道筋を描くのが、経営の責任だということでしょう。

 スマートフォンやDRAM、さらには家電からの撤退、大規模なリストラ、中国レノボとのPC事業合弁など、過去十数年にわたるNEC縮小の歴史は、日本のIT、電機産業の凋落を象徴しているような気がしてなりません。再成長に向けた遠藤社長の舵取りに注目します。NECだけでなく、業界復興の答えがあると感じるからです。