PR

 業務ルール(ビジネスルール)をスピーディーに、システム実装したい――。BRMS(ビジネスルール管理システム)は、こうしたニーズに応えるソフトウエアだ。表などの分かりやすいインタフェースを使ってルールを記述すると、プログラムを自動生成できる。プログラミングのスキルが必須ではないため、エンドユーザー自身によるビジネスルールの追加、変更も可能だ。

 ビジネスルールは、業務アプリケーションで定義していることが多い。ただし、ルールの数や種類が大量で、変更が頻繁に発生する業務の場合、毎回アプリケーションを改修していては、いくら時間があっても足りないし、コストもかさむ。BRMSは、ビジネスルールを業務アプリケーションとは分離して管理するため、ルール変更などにスピーディーに対処できる。

 金融・保険の審査業務などが代表的な適用分野だ。同業務には、複雑かつ多岐にわたる判定基準が存在するからだ。ところが、昨今は業種を問わず、BRMSを活用する動きが活発になっている。BRMSで柔軟なシステム基盤を構築し、ビジネス環境の変化に追随するためのスピードを手に入れることが主たる狙いだ。本特集では、各企業の取り組みを解説する。