PR

 スマートグラスはビジネスとの相性が抜群で、多くのベンチャー企業からビジネス・ソリューションが登場している。Wearable Intelligenceもその一社で、ウエアラブルをビジネスに活用する技術を開発している。Wearable IntelligenceはGoogle Glass向けに高度な医療システムの開発を始めた。

[画像のクリックで拡大表示]

Google Glassで脳梗塞の患者に対応

 Wearable Intelligenceは、サンフランシスコに拠点を置くベンチャー企業。Google Glass向けに、医療とエネルギー分野に特化したソリューションを開発している。アメリカの大学病院では、Google Glassを装着した医師による手術が頻繁に行われており(上の写真、出典はすべてWearable Intelligence)、グラスは必要不可欠の医療補助ツールとなっている。

 また同社は、医療ソリューションのビデオを公開し、Google Glassを活用した医療システムをリアルに解説している。脳梗塞を発症した患者が救急車で病院に運ばれ診断を受けるまでに、Google Glassをいかに活用できるかを示している。