PR

 さまざまなモノがインターネットに接続している状態を指すIoT(インターネット・オブ・シングス)。IT業界に限らず、今後あらゆる産業で革新が起きる。既に、自動車や医療、農業などの分野では芽が出てきた。

インターネットに接続するモノの数
インターネットに接続するモノの数
出典:ガートナー
[画像のクリックで拡大表示]

 インターネットに接続する機器の数は、今後爆発的に増加する。米調査会社のガートナーによれば、2009年時点でインターネットにつながっていたモノの数はざっと25億個。そのほとんどは、PCやスマートフォン、タブレット端末といったコンピューターだ。これが、2020年には300億個以上に膨れ上がる。しかも、その過半数をコンピューター以外のモノが占めるまでになる。

 今後は、計測器やセンサーなど、もともと通信機能を備えていなかった機器もインターネットにつながってくる。さらに、医薬品や食品など、ネットワークに直接つながらないと考えられていたモノも、ICタグや2次元コードなどを活用することで、ネットワークを介して識別・把握できる。インターネットと現実世界が密接に連動し始めるのだ。そして、さまざまなモノとインターネットの融合が進むと、膨大なデータが生まれる。このビッグデータを活用することで、品質や生産性を飛躍的に高めたり、全く新しい製品やサービスを実現したりできるようになる。