PR

 IT営業担当者の皆さん、ITエンジニアの皆さんは、IT業界や技術の動向をどれくらい把握できていると思いますか。クイズ形式の「ITpro検定」を通して、最新の動向をおさらいしましょう。出題範囲はITproに掲載した記事です。「業界動向」「製品・サービス動向」「技術動向」「ユーザー企業動向」「市場動向」の五つの分野から出題されます(掲載回によって分野の偏りが生じる可能性があります)。ご自身のIT動向把握力を知るだけでなく、部下のスキルアップにもお役立てください。では早速、今週の「ITpro検定」を始めましょう。


【問題1】ユーザー企業動向

 日本航空(JAL)は2014年6月5日に発生したシステム障害により、計174便の国内線を欠航しました。障害が起きたシステムは、航空機の乗客や貨物、燃料の重量や重心位置を管理する「重量管理システム」です。同社によると、システム障害の原因は「プログラムに不要なデータを発生・滞留させてしまう不具合があり、これが蓄積して障害が発生した」そうです。

 システム障害が発生してから復旧するまで、結果的に174便が欠航することになりました。しかし、これはJALの国内線全便ではありません。一部では欠航にならずに済んだ便がありました。障害発生中、少しでも便を止めないためにJALが採った緊急対応策は次のどれでしょう。

(1)手作業で機体の重量バランスを計算した
(2)全日本空輸(ANA)のシステムを利用した
(3)乗客数や貨物が少ない小型機だけ運航した
(4)クラウド上に臨時システムを構築した

 正解と解説は次のページです。