PR

ビーコンをトリガーとしてアプリの起動もできる

 iBeaconが備える機能のうち、アプリを提供する上で最も重要なのは、ビーコンから情報をプッシュしてアプリを起動できることだ。アプリ側でiBeaconの検知をオンに設定しておくと、iBeaconの信号を受信した時点でアプリを自動的に起動する仕組みを備えている(iOS 7.1以降)。

 先のO2Oの事例で説明すると、音波などを用いた場合、専用のアプリが起動状態でなければ情報を受信できない。ユーザーがアプリを立ち上げたままにしていないと、クーポンを配布したくても配布できないのだ。だがiBeaconを用いれば、ユーザーがアプリを立ち上げていなくても、ビーコンからの電波受信をトリガーとしてアプリを起動し、クーポンの配布などができるようになる。

 iBeaconはiOSの機能の一つだが、その機能は汎用のBLEを用いて実現している。それゆえiOS以外のOS、例えばAndroidなどでもアプリ側の対応によって同様の仕組みを作ることができるといわれている。アップルがNFCの搭載に消極的な現状もあってか、対応デバイスの幅が広がる可能性の高いBLEに注目が集まっている面もあるようだ。

 iBeaconには弱点もある。BLEの仕組みを用いるので、基本的に広い範囲に電波を発する。NFCのように「端末を近づけて通信する」といった利用シーンで使うには、電波が広がり過ぎない専用の仕組みを設けなければならず、難しさが伴うようだ。基本的には「NFC以上GPS未満」の形で使われるケースが多いと考えられる。

写真2●アプリックスが提供するビーコン「MyBeacon Pro」
写真2●アプリックスが提供するビーコン「MyBeacon Pro」
写真2●アプリックスが提供するビーコン「MyBeacon Pro」
なりすまし防止機能を搭載。こうしたビーコンが発する電波を受信することで、位置や情報などを取得できる。10台ロットで1台当たり1000円と、比較的低価格で済むのもビーコンの大きなメリット
[画像のクリックで拡大表示]