PR

 Google Glassがアメリカ議会に入ってきた。三大ネットワークNBCは、Google Glassで議会を取材し、ウエアラブル時代のジャーナリズムを模索している。次期大統領選挙では、Google Glassが勝敗のカギを握るという意見も登場した。グラスと政治の関係が緊密になってきた。

[画像のクリックで拡大表示]

米国連邦議会で「グラス取材」を敢行

 NBCはGoogle Glassで、米国連邦議会の取材を試みた。NBCニュース・プロデューサーのFrank Thorpは、Google Glassをかけて議会を取材した。

 上の写真は、ThorpがGoogle Glassを装着して、共和党下院議員集会のブリーフィング会場にいる様子である。演壇には、共和党院内総務Eric Cantorの姿が見える。ここで下院議長John Boehnerらによる記者会見が行われた。

 ThorpはGoogle Glassをかけて記者会見に臨んだ。しかし、Thorpは質疑応答で挙手したが、Boehnerから指名されなかったと述べている。保守党の重鎮であるBoehnerをいきなりGoogle Glassで取材したのは、少々時期が早すぎたようである。