PR

 NPO法人 医療福祉クラウド協会(Medical Welfare Cloud Association=MeWCA)が、2014年5月15日、「MeWCAシンポジウム2014」を都内で開催。「介護クラウドが切り開く日本の未来~超高齢社会に向けて医療と介護をつなぐ~」をテーマに、ICT活用による医療・健康管理の変革や医療・介護連携ついて講演やパネルディスカッションが展開された。

医療ビッグデータ活用の本質とは…

me
基調講演する東京大学の稲田修一氏

 基調講演に登壇した東京大学先端科学技術研究センター特任教授 稲田修一氏は、「医療・健康管理を変えるビックデータ活用」と題し、ビッグデータ活用による医療や健康管理の変革、その実現に向けて提言した。

 稲田氏は、国内外で始まっているビッグデータを活用して健康管理・医療を改革する新たな取り組み例を紹介しつつ、アンジェリーナ・ジョリーの乳がん予防のための乳房切除・再建手術に触れ、遺伝子に関する医療ビッグデータによる医療ビジネスの革新が始まっていると説明。「このニュースは医療ビッグデータという観点から見ると、これから起こる医療革命の本質を表すと思っている。遺伝子検査と遺伝子変異の影響に関する医療データの蓄積により、病気になる確率がわかる時代になる。病気になる前に予防するという選択肢を選べる時代である」(稲田氏)と説いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い