PR

 アップルが1年に一度のWWDC(世界開発者会議)を開催しました(関連記事:写真で見るアップル基調講演、OS XとiOS 8はここが変わったAppleが次期モバイルOS「iOS 8」を発表、一般向けリリースは今秋Appleの次期OS「OS X Yosemite」は秋に正式公開、iOSとの連携強化)。個人的に気になったのは新たな開発言語であるSwiftの発表でした。

 MacOS XやiOSの新機能については、先行する他のネットサービスに追いついたという印象を受けたところがありましたが、Swiftは本当に新鮮です。ハードを中心にした垂直統合型メーカーとして語られることの多いアップルが改めて開発者の重要性を示した感じがしましたし、MacOS XとiOSの一本化への道筋が浮かび上がってきたような気がしたからです。

 Swift、あるいはHealthKit、HomeKitといったさまざまなAPIなどが、アップル製品、さらにはIT、開発者の世界にどういった影響をもたらすのか。追いかけていきます。