PR

 丸紅は、海外やグループ会社を含む7000人の利用を想定したアプリケーション仮想化基盤を構築した。目的は、社員が自宅や出張先のPCからメールを利用する際に発生する、情報漏えいリスクを低減することである。そのために、米シトリックス・システムズが提供する「XenApp」を採用し、クライアントアプリケーションをサーバーで動作させる仕組みを作った。

 同社は、2011年にメールシステムをオンプレミスの「Exchange Server」からクラウドサービスの「Office 365 Exchange」に移行。社員が社外からメールシステムを利用する際は、Webブラウザーで「Outlook Web App(OWA)」にアクセスし、Webメールとして使用していた。

 だが、この利用形態では、メールの添付ファイルを開く際に、社外にあるPCにデータが残るなど、万が一の際に情報が漏えいするリスクがあった。丸紅 情報企画部 IT戦略課長の橘高弘一郎氏は、「添付ファイルをPCにダウンロードすることを禁じ、ファイルの閲覧のみ許可する対策を施したこともあったが、そうすると業務の効率が落ちてしまう。使い勝手の良さを維持しつつ、セキュアにOWAを利用できる環境を作りたかった」と、仮想化基盤構築の狙いを説明する。