PR

平易な解説と構成でマイナンバーの疑問解消

 2016年1月から始まる行政手続番号法(マイナンバー制度)の「よくある質問」をコンパクトに解説した一冊。著者は、大手法律事務所から内閣官房社会保障改革担当室参事官補佐として出向していた弁護士。それだけにマイナンバーについて聞かれたら、本書をそのまま回答に使えるほど平易な解説と構成が特徴だ。

 「特定個人情報とは何か」といった基礎知識に加えて、「住基カードと何が違うのか」「番号から病歴や犯罪歴などがわかるのか」といった基本的な疑問から、「身分証明書として個人番号カードの提示をもとめてよいか」といった実践的な疑問に答えてくれる。

Q&A 番号法


Q&A 番号法
水町 雅子 著
有斐閣発行
1296円(税込)