PR

 米アップルが2014年秋にリリースを予定している、iPhone、iPadなどiOSデバイス向けモバイルOSの最新バージョン。2014年6月2日に開かれた同社の開発者向けイベント「WWDC2014」において概要が発表された。

 前バージョンのiOS 7から採用したフラットデザインを踏襲しつつ、メールやメッセージ、写真、通知センターなどのアプリで様々な機能の追加や強化・改善が図られている。他のiOSデバイスやMacとの間で作業内容を引き継げる「Continuity」も特徴の一つ。近くにあるデバイス同士が認識しあい、iPhoneで書きかけたメールの続きをMacで引き継いだり、iPhoneにかかってきた電話をiPadやMacで応答したりできるようになる。

 今回、特に注目を集めているのが、標準のアプリや機能などとの連携がサードパーティの開発者にも開放された点だ。これにより、すべての機能をアプリ単体で実現しなくても、既存のアプリや機能の一部を組み合わせることでより高度な処理ができるようになる。また、Touch IDやIME、iCloud関連などの多くのAPIが外部に開放されるため、Touch IDを使った認証システムを伴ったアプリの提供や、サードパーティ製の日本語変換プログラム提供といった可能性が広がる。

 iOS 8と併せて、ヘルスケアやフィットネス関連のアプリケーションがiOSデバイス上でデータを相互に利用できる「HealthKit」や、家庭内の機器を連携させたり管理するための「HomeKit」といったフレームワークも提供される予定だ。