PR

四つの工夫で効果を高める

 今回取材した現場では、なぜなぜ分析で得られる二つの効果をより高いものにするため、独自の工夫を凝らしていた。具体的には(1)第三者の眼で分析を精査する、(2)対策の実行計画を整える、(3)要点を分析シートに記入する、(4)他チームの分析を教材に使う―の四つである。

 これらのうち(1)と(2)は、問題の根本原因を見いだし、再発を防止するためのもの。なぜなぜ分析で導いた対策の効果を確実なものにする。

 一方、(3)と(4)は分析の勘所をつかむ工夫といえる。なぜを繰り返す作業は簡単そうに思えるものの、実際にやってみると難しい。経験の浅いメンバーが1人で挑戦すると、原因を深く掘り下げられなかったり、有効な再発防止策が思いつかずに悩んだりしがちだ。分析の勘所をつかむトレーニングが欠かせない。

 次回から、これら四つの工夫を凝らす事例を紹介する。取り組みを参考に、あなたの現場にもぜひ、なぜなぜ分析を取り入れてほしい。