PR

 「ウエアラブル」――。このキーワードの下に今、活動情報や生体情報やを取得できるさまざまな端末の開発が相次いでいる。では、デジタルヘルス分野でウエアラブル技術が“真価”を発揮するために必要なことは何か。日経デジタルヘルスは、それを多面的な視点から探るデジタルヘルスAcademy「『ウエアラブル』の本質を議論する」を2014年6月11日に開催した。 今回の特集では、今回のデジタルヘルスAcademyにおける5人の講師による講演レポートをお届けする。