PR

 横浜市立大学医学部社会予防医学 寄附講座・特任教授の杤久保 修氏は、2014年6月11日に東京都内で開催されたセミナー「『ウエアラブル』の本質を議論する ~医療現場・フィットネス・ビジネスモデルなどの視点から“真価”を探る~」(主催:日経デジタルヘルス)において、ウエアラブル型のセンサー端末が生活習慣病予防に果たす役割について講演した。

 講演タイトルは「生活習慣病予防に求められるウエアラブルとは ―健康長寿社会を目指して―」である。

講演する杤久保氏
講演する杤久保氏
[画像のクリックで拡大表示]

 杤久保氏は、日本人の死亡要因の約60%を、がんや心疾患など生活習慣がかかわる疾患が占めることを指摘。特に、健康長寿を実現するためには、寝たきりの最大の要因となる脳血管疾患(脳卒中)を予防することが重要とした。

 脳卒中の予防には「SOS」戦略が有効という。S(Salt:食塩摂取量の適正化)、O(Obesity:肥満の予防)、S(Sleep:活動と休養の管理)の三つである。

 例えば、食塩の過剰摂取は高血圧の大きな要因となる。1日当たり1gの減塩によって血圧を1~2mmHg下げることができ、国民の平均血圧を2mmHg下げられれば、脳卒中患者は約6%減少する見込みという。