PR

 米セールスフォース・ドットコムは2014年6月10日、ソーシャルメディアを活用したデジタルマーケティングツールである「Salesforce ExactTarget Marketing Cloud」の日本市場への提供を開始した。同時にLINEとの提携を発表。ExactTargetを通じたメッセージ発信にLINEを活用できるようにした(関連記事:Salesforce.comとLINEが提携、顧客行動履歴に応じたメッセージ配信)。

写真1●セミナーで笑顔を見せる米セールスフォース・ドットコムのリー・ホークスレイ氏(左)とLINEの田端信太郎氏
写真1●セミナーで笑顔を見せる米セールスフォース・ドットコムのリー・ホークスレイ氏(左)とLINEの田端信太郎氏
[画像のクリックで拡大表示]

 東京都内で顧客企業向けセミナーを開催するのに合わせて新製品を発表し、さらに知名度の高いLINEとの提携発表を準備していたようだ。来日したExactTarget担当SVP&ジェネラル・マネージャーであるリー・ホークスレイ氏は「本日のセミナーで50人ぐらいの日本企業の方々と話をしたところ、全員からLINEとの提携について聞かれた」と反響の大きさに驚く(写真1)。

 LINEとの提携も含めて、セールスフォースは日本でのExactTarget投入を入念に準備してきた。「これまでの当社のクラウドサービスとは売り方が違う製品。それなりに長い時間と段階を踏んで売ることになる」(ExactTarget Marketing Cloudマーケティングディレクターの加藤希尊氏)という理由からだ。