PR

液晶とカメラはiPadに勝てるのか

 液晶は10.1型(1920×1200ドット)だ。iPad Airが9.7型(2048×1536ドット)なので、映像の緻密さでは負けている。ただし、iPad Airはいまだに液晶とガラス面に隙間があるのに対して、Xperia Z2 Tabletはダイレクトボンディングだ。ぱっと見た映像の美しさ、色の濃さは間違いなくXperia Z2 Tabletが上だ。

 解像度の高い写真などをじっくり見ると、iPad Airのほうが美しく感じるケースもあるだろう。個人的には、iPadの最大の欠点は、ダイレクトボンディングを採用していないことだと確信している。

 カメラは810万画素とスペックは十分だ。対して、iPad Airのカメラは500万画素と差がついている。ところが、写真を撮影して比べてみると、どうもiPad Airのほうが良く見えてしまう。また、この縦横比だと、撮影した写真がワイドすぎて後々使いづらい。設定で4対3に切り替えて撮影すればいいのだが、再生する際に画面に無駄が出てしまう。

 Androidタブレットの液晶は、モデルによって縦横比がばらばらだが、映画を見る以外の用途は4対3に近いほうが使いやすいと思う。

左がXperia Z2 Tablet、右がiPadで撮影した写真。どちらが美しいかの判断は人によるだろう。ただし、実物の見た目はiPadに近い
左がXperia Z2 Tablet、右がiPadで撮影した写真。どちらが美しいかの判断は人によるだろう。ただし、実物の見た目はiPadに近い
左がXperia Z2 Tablet、右がiPadで撮影した写真。どちらが美しいかの判断は人によるだろう。ただし、実物の見た目はiPadに近い
[画像のクリックで拡大表示]