PR

 LGエレクトロニクスは、6月12日に韓国・亀尾(クミ)にて、今夏にau(KDDI)から発売されるスマートフォン「isai FL LGL24」を日本の報道向けに説明する「isai Press Conference 2014」を開催した。

 isaiは、LGエレクトロニクスがKDDIと共同開発するスマートフォンのシリーズ。isai FL LGL24は、昨年11月に発売された「isai LGL22」に続く、第2弾となる。昨年も同様のイベントが韓国ソウルで開催されたが、今回、亀尾で開催されたのは、isai FLが初搭載となる「WQHDディスプレイ」をアピールするのが狙いだ。

 亀尾は、釜山から車で1時間30分ほどの場所に位置する韓国を代表する産業都市だ。ここにLGグループのLGディスプレイの巨大な工場がある(写真1)。LGディスプレイは、韓国内に2つの生産拠点を持つ。ひとつは北朝鮮との境界線近くの都市、坡州(パジュ)にあり、そこではテレビ向けなど大型ディスプレイを中心に製造している。今回訪れた亀尾は、スマートフォンやタブレット、パソコンなど向けの小型ディスプレイを中心に製造している。

写真1●約25万坪の広大な敷地に約1万5000人が従事するLGディスプレイの亀尾工場。
写真1●約25万坪の広大な敷地に約1万5000人が従事するLGディスプレイの亀尾工場。
[画像のクリックで拡大表示]

 LGディスプレイは、LCD(液晶パネル)の出荷量で、ここ数年、世界トップのシェアを誇っている。自社製品だけでなく、他メーカーにも供給しており、公には報じてないものの、アップルにディスプレイを納入していることも知られている。今秋発売予定の最新iPhone用のディスプレイも、この工場のどこかで製造されているのかもしれない。

 今回、報道向けに公開されたのは、工場のごく一部。ガラス越しに製造ラインの一部も見学させてもらえたが、残念ながら、そこは撮影禁止だった(写真2、写真3)。液晶パネルの製造においては、わずかなほこりや振動も、不良品を生む要因となるという。完全なクリーンルームで、ほとんどの行程はオートメーション化されていた。製造中のパネルは、専用に開発した運搬車に積載されて運ばれる仕組み。見学した工場は、幕張メッセや東京ビッグサイトのような、天井が高い広大な空間だったが、全身に防塵服をまとい、機械の点検を行っていた従業員を数人確認できただけ。顔もヘルメットとマスクで覆っているので、防塵服に付けた色付きのネームプレートのようなもので、お互いを認識しているそうだ。約1万5000人が従事しているというので、多くの人員を要する行程もあるのだろう。

写真2●ここでガラス越しに工場内を見学した。「You Dream We Display」のロールカーテンを開いた後は撮影禁止だった。
写真2●ここでガラス越しに工場内を見学した。「You Dream We Display」のロールカーテンを開いた後は撮影禁止だった。
[画像のクリックで拡大表示]

写真3●見学スペースにあった製造パネルの見本。スマートフォンは、赤いP4サイズで製造し、切り分けるのが一般的だという。
写真3●見学スペースにあった製造パネルの見本。スマートフォンは、赤いP4サイズで製造し、切り分けるのが一般的だという。
[画像のクリックで拡大表示]