PR

 Mobile Asia Expoは、毎年2月にスペイン・バルセロナで開催されるモバイル業界最大の展示会「Mobile World Congress」のアジア版という位置付けのイベントだ。ここには中国の3大キャリアを中心に、アジアの通信業界から多数のベンダーが出展する。日本からはNTTドコモがブースを出展したことで注目を集めた(写真1)。

写真1●Mobile Asia Expo 2014のNTTドコモブース
写真1●Mobile Asia Expo 2014のNTTドコモブース
[画像のクリックで拡大表示]

 特集第4回となる今回は、COMPUTEX TAIPEI 2014やMobile Asia Expo 2014におけるモバイル関連の展示を振り返る。

ドコモの「ポータブルSIM」が示すビジョン

 ドコモブースの展示で最も来場者をひき付けていたのは電気自動車「テスラ」だが、業界関係者の関心という点では「ポータブルSIM」の注目度が上回っていたといえる(写真2写真3)。SIMカードを搭載しない端末にワイヤレスで電話番号を割り当てるという、これまでにないSIMのあり方を示す発表となった(関連記事)。

写真2●ドコモブースの「ポータブル展示コーナー」
写真2●ドコモブースの「ポータブル展示コーナー」
[画像のクリックで拡大表示]

写真3●「ポータブルSIM」の本体
写真3●「ポータブルSIM」の本体
[画像のクリックで拡大表示]