PR

 全国297店舗(2014年6月時点)で調剤薬局事業を展開するアイセイ薬局は、全店舗にスマートフォン用のお薬手帳アプリである「おくすりPASS」の運用を決定した(写真1)。全店舗の運用開始は2014年10月末から。全国展開に先駆けて、実証実験を2014年5月に日本橋室町店(東京都中央区)で開始した(写真2)。アプリのダウンロードや利用は無料。

写真1●アイセイ薬局が2014年5月に運用の実証実験を開始した「おくすりPASS」
写真1●アイセイ薬局が2014年5月に運用の実証実験を開始した「おくすりPASS」
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●2014年5月から運用の実証実験を行っているアイセイ薬局日本橋室町店
写真2●2014年5月から運用の実証実験を行っているアイセイ薬局日本橋室町店
[画像のクリックで拡大表示]

 おくすりPASSの特徴は、クラウド技術を活用して、服用履歴などの情報を薬剤師と顧客(ユーザー)が共有できること。米アマゾンが提供するクラウドサービス、AWS(Amazon Web Services)上に、調剤データや服用履歴を、収集、配信するシステムを構築した。クラウド型の電子版お薬手帳アプリを全国規模で展開するのは、調剤薬局主導ではアイセイ薬局がはじめてだ。

電子化したお薬手帳を全国展開へ

 お薬手帳は、医療機関が処方する医薬品の名称や回数などを記録する手帳で、調剤薬局や医療機関で多くの場合無料で手に入る。薬局で受け取る調剤明細書を張り付けるなどして保存することで、服薬履歴として利用できるのに加えて、身長、体重、既往歴、アレルギー歴、副作用歴なども記録できる。患者が自身の服用履歴を確認するだけでなく、処方薬の飲み合わせや過剰な摂取をチェックするのにも役立つ。また、診察の際に、患者がお薬手帳を見せることで、医師がアドバイスしやすくなるなどのメリットもある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い